人生はドラゴンクエスト

折り紙会館で折り紙を折りましょう安政5年からの老舗

こんばんわーでーもんですー

最近というか小学校低学年以来折り紙なんてやってないんですけど

ニュースサイトで折り紙会館というものに目を引かれたので記事にしてみました

 

創業はなんと安政5年!いまから148年前!

001_r

こちらですねー

東京都文京区湯島にあるビルですね。

交通の便では

  • JR中央線・東京メトロ丸の内線「御茶ノ水」駅より徒歩7分
  • 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅よる徒歩7分
  • 東京メトロ銀座線「末広町」駅より徒歩7分

【開館時間】が9時30~18時00分まで

休館日が日曜・祝日・年末年始・夏季休暇

入館料が無料となっています。

創業はなんと西暦1858年

歴史としましては、伝統工芸としての折り紙を通し国内外の親善交流と、広く社会に貢献していく活動を目的として、2005年6月、内閣府認証によるNPO法人国際折り紙協会を設立されたみたいです。

 

老舗店ですね~

事業としては折り紙だけではなく、和紙や民芸品の販売や、染色加工などを行っている会社らしいですね

 

そして文京区の「わが町文京区」の6つの文化遺産のひとつに指定されています。

 

わが町文京区の6つの文化遺産

  1. 鴎外記念
  2. 弥生美術館
  3. 永春文庫
  4. 文京一葉会館
  5. オルゴールの小さな博物館
  6. おりがみ会館

 

のうちのひとつ、文京区の学校にいってたので何気になじみ深いんですが初耳でしたね

文京区って昔ながらのお店とかいっぱいありますから千駄木とか根津とか歩いているだけで楽しいですよ

あのへんにある花梨等やせんべいなどの和菓子はほんとおいしかったですね~

それにあのへんからなら御茶ノ水、秋葉原、上野とかもそう遠くはないので学校帰りによく歩いていったり

 

話がそれましたね

で、この折り紙会館ですが「和紙手芸教室」など日本文化の講座なども行っているみたいです

ほかにも留学生の研修なども行っているようで、日本好きの外国人なんかも結構足をふみいれてるらしいです。

 

口コミなんかを見てみると

  • 1階のショーウィンドゥに季節様々な折り紙の展示があり、目をひきます。海外へのお土産などにいいかも!
  • 館長の折り紙のパフォーマンスが素晴らしい、リクエストに応じて様々なものを折り紙で折ってくれる
  • 折り紙でここまでできるのか!どのように展示品のようなものが折れるのかを知りたくて体験講座があったので参加してみた!

というかなり評判がいいようですね。

画像がコチラです

1000926239711378955_498925790274366_1457644023_n

これらは全部折り紙で作っているらしいですね。。。

いやー他にも色々ありましたが素晴らしい

やっぱどの分野でも職人レベルの技術を持っている人ってほんとすごいと毎度思います。

 

僕は自他共に認める指先が不器用なものでして、紙飛行機すら折るのがヘタクソなんでとてもマネできることじゃないですね笑

 

折り紙会館の講座内容

内容としては折り紙会館の展示品などをみて、興味を持った人が体験する「折り紙講座」

メインがこの教室らしいですね。

内容としては、紙の歴史や作り方のお話、自分たちが昔から現在に至るまで紙とどのような付き合いをしてきたかなど、まさに折り紙会館ならではのお話が聞けるみたいです。

そして折り紙の基本的な折り方や、簡単にできる作品の教室などの体験講座などですね。

講座の料金としては大人が(高校生以上)2500円、小人が(小中学生)1500円 幼児が500円となっています。

予約制になっていて当日の10:20までに受付をする必要があるようですね。

そして講座の時間が

  • 10:30~11:30
  • 13:00~15:00

のうち各30分講習で、各一回の参加ができるみたいです。

 

ほかにも講座によっては料金が異なったり、持ち物なども必要になるみたいなので、そのへんは公式サイトにある講座カレンダーを見てチェックしてみてください。

 

見てみたところ、明日の「折り紙礼法講座」というものが面白そうですね

折り紙に礼法ってあるんですね、どんな礼法なんだろう・・・?

ほかにも毎日ミニ講習の折り紙レッスンが開催されているようなので、昔を思い出して懐かしく感じたりしたら一度行ってみたら面白い体験ができるかもしれないですね!

館長のパフォーマンスなんかはちょっと気になったり。

 

 

 

感想

よくテレビなどで、千羽鶴などを折られているのをみたりして「そういやこれ折り紙で折ってるんだよな~」みたいな見解しかなかったのですが、こうして専門的に取り扱っているところの作品や事業内容をみるとやっぱり奥が深いもんですね。

ていうか折り紙って公民館などで、小学生や、ご老人の方なんかがレクリエーションとかで折ったりする時くらいしか日常では使わないみたいな偏った思想だったので、こんな建物があるってこともびっくりです

 

紙っていうものは日常生活の意外なところにも使われているものなので、紙についてなにか興味を持ったり

紙についての歴史など興味があるかたは是非行ってみてください

 

それにしても折り紙でこれだけの作品を作れるってすごいですよね

折り紙でこのように人に何かを伝えられるこの技術を一度間近で見てみたいので来月にでもいってみようかな~と思いました。

現在なにかを製作したり、芸術などに携わっている人なんかも一度いってみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ではでは~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の投稿

More
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

本日の1曲


ブレイブルー エウレカAOのED曲、最後のサビが最高です。

Return Top