人生はドラゴンクエスト

デートアライブ17巻!ファントムの正体がついに明らかに!



こんばんわ~でーもんです~

ずーーーっと待ってました。

相変わらずデートアライブは次回予告の仕方がうまい。

「これ絶対次の巻買わないと!!」

みたいな終わり方にしやがるから・・・・まあそういう〆で組んでるんでしょうがw

まあ読んでみた感想・見所なんかを書いていきます。

けっこーなネタバレあるんでご注意ください!

 

 

令音=ファントム

前巻の最後でついに謎の精霊といわれる”ファントム”の正体が

ラタトスクの副指令「村雨令音」であると判明して終わりましたよね。

で、ファントムは何故人間であった十香たちに精霊の力を分け与えていたか

その理由は全て士道のためであったのです。

 

今まで謎であったなぜ士道の能力である精霊の力を封印できる力を宿していたのか?

そして嵩宮家に生まれた士道の過去とは?

今回でその一部が明かされます。

士道の過去

嵩宮家で暮らしていた士道・真那の住む地域で街を焼け野原にしてしまうほどの爆発がおき

呆然としていた士道の前にこの世のものとは思えないほどの少女がたたずんでおり

その少女をどういうわけか自宅に連れ込む士道。

その時真那が士道が罪を犯したと思い、自首するようにとせがんだりw

なんやかんやで2人はその少女を家に置くことになる。

そしてその少女は、最初は言葉すらしゃべれなかった赤ん坊のような状態から

考えられないほどのスピードで知識を得ていき、すぐに士道たちと意思疎通がはかれるようになる。

そしてその少女はそのような状態であったため、名前を持っていなかった。

そこで真那が名前をつけようと発案し、思案しているとふと士道からこんな名前がででくる

 

「澪」

その時から彼女の名前は「嵩宮澪」となった。

そしてその時からか澪は士道に対して恋心を抱くようになる。

 

「今度は絶対に死なないように・・・・」

「今度は絶対に壊れないように・・・・」

「もう絶対に離さない・・・・・」

「だから・・・待っててね・・・・シン・・」

 

 

・・・・とまあかなり端折りましたが士道の過去話はこんな感じで始まります。

15巻かどっかで士道が暴走モードみたいになったときに

真那に「澪はどうしている?」という言葉を投げかけたことがありましたよね?

その澪というのが始まりの精霊ファントムであり

ファントムの正体が令音だったのです。

デートアライブのヒロインたちは名前にそれぞれ数字が入っており

令音=れい=0

って感じで令音になんか謎があるんじゃないか?

とは予想されてましたが、そのとおりでしたね。

シンってそういうことだったのか・・・・

 

ちなみにデートアライブおなじみ日常シーンも少しはあります


感想

「あれ?狂三影薄くね?」

16巻ではあんな狂三メインだったのにも関わらず今回狂三の扱いがすげぇひどかったようなw

なんというか、DEM社との全面戦争+士道の過去話+α狂三攻略

みたいな感じですねw

まあ士道の過去と始まりの精霊の話始まったらしゃあないのかな?w

美九の時も次の巻では十香メインみたいな感じでしたしねw

狂三ファンの人なんかは

「狂三のデレた姿みれるんだろうな!?」

と期待していると肩すかしくらいますのでご注意をw

最後に士道の超根性理論で口説く!みたいに強引にまとめられています笑

 

今回はかなりシリアスメインの巻ですので

物語の本心にようやく触れてきているのでそのへんはかなり読み応えがあるかと。

ですが、過去話も一部ですのでまだまだ広げた風呂敷はでかそうw

 

最後の終わり方も「ここで終わるなや!!!」見たいな感じですからw

ていうか結局メインヒロイン誰になるのこれ・・・・

一応十香はメインヒロインっぽいことしてる描写はありますが

更に手強いの出てきちゃったよ・・・・・

一言でいうなら澪=令音は

コトノハ様みたいな感じですねw

18巻はどんな感じになるんだろう・・・・

すげぇ楽しみ

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ではでは~

最近の投稿

More
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

本日の1曲


ブレイブルー エウレカAOのED曲、最後のサビが最高です。

Return Top